BLOG
小屋やさんブログ
木造の小屋についてメリット
ブログ

お久しぶりです!

こやみです!

今回は木造の小屋におけるメリットを紹介します。

①断熱性の高さ

木造の建物は、鉄骨造の建物よりも断熱性が高いです。

屋外に取り付けられた金属の手すりは、夏の暑い時期、

熱くて触ることができなかったり、冬の時期は冷たくなっていますよね?

一方、木で出来た手すりは、熱さや冷たさを感じにくくありませんか?

その理由は材質の熱の伝わりやすさが関係しています。

住宅も同じで、

夏の暑い時期は、外からの熱をシャットアウトし、

冬の寒い時期は、室内の熱を中に閉じ込めます。

また、エアコンが効きやすいので省エネにもなります。

②鉄骨に比べて結露が起きにくい

鉄骨造は、外の影響を大きく受けやすく、

室内で温度差が出来る事で、結露が発生してしまいます。

結露の発生しやすい住宅は

クロスの黒ずみや害虫の発生率の増加が起きます。

一番恐ろしいことは、壁体内に結露が発生してしまうことです。

壁体内に結露が発生してしまうと

断熱材が濡れてしまい、断熱性能が低下します。

鉄骨造はただでさえ断熱性能が低い上、

内部結露が発生した事で断熱材が濡れて、より断熱性能が低下してしまうと

元も子もないですよね……

今まで木造におけるメリットばかりですが

もちろん木造にもデメリットはあります。

デメリットになる部分といえば、

白アリなどの害虫の被害を受けることです。

しかし、小屋やさんの小屋は

被害の受けやすい土台部分に

塗料を塗り、板金で巻くことで

シロアリからの被害を守っています。

やはり、趣味を楽しんだり、仕事に励んだりするにしても

より良い環境で取り組んでみてはいかがでしょうか?

以上、こやみ でした。