BLOG
小屋やさんブログ
【緊急企画】小屋に忍び寄るウッドショックについて知ろう!
ブログ

火曜日担当のけんちゃんが緊急企画として、

最近、新聞やニュースなどにも取り上げられている「ウッドショック」について

ご説明させていただきます!

 

岡山県でも緊急事態宣言が延長され、

新型コロナウイルスが全国に猛威を振るう中、

影響は「木材の価格」にまで及んでいます。

価格が高騰し木材が手に入らない!

“オイルショック”ならぬ“ウッドショック”と言われています。

 

 

理由は世界経済の動きが背景にあります。

 

コロナ禍で停滞したアメリカ経済が活動を徐々に再開し、木材の需要が高まっています。

アメリカではリモートワークが推奨され、郊外に住宅を建てる需要が

高まってます。それに伴い、木材の価格が上昇しています。

皆様は日本の木材の自給率をご存じでしょうか?

国土の7割が森林の日本、ほとんどが国産?と私も思っていました。

実は国産は全体の4割ほどで、輸入木材の方が多いのです。

この輸入木材が値上がりしているから、日本に大きな影響が出ています。

とあるアメリカの木材取引所では木材の値段が5月中旬にちょうど1年前の

4倍に近い値段に。

また、中国やヨーロッパでも木材の需要は高まり続けています。

ここに、追い打ちをかけているのが世界的なコンテナ船の不足

各国で“巣ごもり需要”が拡大したことで

木材を運搬する船を確保することができないのです。

様々な条件が重なり、輸入木材の高騰につながっています。

こうした中、国産の木材で代替しようという動きも広がっています。

国産杉の価格は去年の同じ月と比べて10%余りあがっています。

国産材にも影響が波及しています。

住宅メーカーや工務店など、多くの方が欲しいから価格が上がり、

奪い合いになる。この光景、どこかで見覚えがある様な?

マスクの時に・・・

 

・家を建てることが出来ない

・欲しい木材が手に入れることが出来ない

・ホームセンター等の木材の価格値上げ

・原材料の価格高騰による木製家具等商品の値上げ

など

次々にウッドショックの影響が出てきています!

 

現状、日本では輸入木材の価格が高くてもそもそも購入すること自体も難しい状況へ向かって行っています。

 

小屋やさんでは毎週のミーティングはこの話題で持ち切り。

 

小屋やさんにも影響が出てきてしまうのか!?

 

今後の木材の価格に目が離せません!

ネットニュースでも話題に!

ぜひ読んでみてください!

Yahoo!ニュース

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210601-00430759-toyo-column

https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20210511-00237279/

日経ビジネス

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00145/051400035/

日テレNEWS24

https://www.news24.jp/articles/2021/05/07/06868697.html